KCR Blog

KCR Japan のブログコーナーです。

DUX 発見!

昭和24年、三菱重工長崎造船所で「ぱしふぃっく丸」という船の進水式があった。
その進水式に出席した義兄の父親がもらった記念品の筆入れが、熱海の家にあった。
姉に聞くと、「使ってないから捨てようかと思ってた」、らしい。
ふたを開けてみると古い鉛筆やら鉛筆削りやら、ごちゃっと入っているではないか。


なかにはそごうデパートのこんな丸鉛筆も。。。そごう百貨店だ!

エスカレーターやエアカーテンを鉛筆にまで自慢しちゃう時代って、いつ頃だろうか。。。

で、KSKが「ン?」と思ったのは、これ!

見た目、ただの鉛筆削り。ただしステンレススチール製で重量感と存在感に満ち溢れている。
そして、

MADE IN GERMANY !
姉に「捨てるならちょうだい!」と言って箱ごと全部もらってきた。

みれば見るほど美しい、無駄のない仕上がり。
ドイツのDUXという鉛筆削り専門メーカーのものらしい。
さっそくDUXをググってみると、創業1908年の文房具メーカーとして今も製品を製造販売している様子。
但し、この鉛筆削りに似たものはあっても全く同じモデルはもう無い。

おそらく70年以上前のものだろうけども、今でも光り輝き、ちゃんと機能している。すごい!
KCR JAPANで取り扱うクルマたちも、何年、何十年経っても元気でいられるようサポートしていきます。

KSK